ものづくり白書第1章第2節では、雇用、労働の現状を分析しています。
図121-1を見ると、2002年から2009年にかけて平成景気で低下していた失業率が、
リーマンショックで一時的に1ポイント以上悪化し、
その後改善されていることが分かります。

●図121-1 完全失業率および有効求人倍率の推移(季節調整値)
完全失業率および有効求人倍率の推移(季節調整値)【技術者のキャリア設計】エンジニア・技術者・専門家・ものづくり・製造業・経営論・人材確保・キャリアアップ・キャリア形成・ものづくり.com

当然、有効求人倍率は失業率と逆の動きをするわけですが、
図121-4でその内訳を見ると、
専門的・技術的職業が平均の1.5倍以上であるのに対し、
生産工程、労務すなわち現場作業の求人は07年まで平均程度、
その後は平均より低く推移しています。

●図121-4 職業別有効求人倍率の推移
職業別有効求人倍率の推移【技術者のキャリア設計】エンジニア・技術者・専門家・ものづくり・製造業・経営論・人材確保・キャリアアップ・キャリア形成・ものづくり.com

これは09年から進んだ円高で、
作業の現場がそれまで以上に海外に流れたことと無縁ではないでしょう。

ここのところの円ドル為替相場は、
ちょうど2009年当時と同じ水準に戻っていますが、
果たして現場も戻ってくるのか、これるのか、
興味が深まります。

製造業・エンジニア向け_ものづくりドットコムはこちら【技術者のキャリア設計】エンジニア・技術者・専門家・ものづくり・製造業・経営論・人材確保・キャリアアップ・キャリア形成・ものづくり.com
このような企業の方が会員登録しています【技術者のキャリア設計】エンジニア・技術者・専門家・ものづくり・製造業・経営論・人材確保・キャリアアップ・キャリア形成・ものづくり.com
製造業関係者の悩みを解決_ものづくりドットコム無料会員登録【技術者のキャリア設計】エンジニア・技術者・専門家・ものづくり・製造業・経営論・人材確保・キャリアアップ・キャリア形成・ものづくり.com
ご質問・お問い合わせはメールフォームをご利用ください【技術者のキャリア設計】エンジニア・技術者・専門家・ものづくり・製造業・経営論・人材確保・キャリアアップ・キャリア形成・ものづくり.com