・ 品質の定義には種々あるが、総じてある“もの”の明示されたまたは暗黙の(         )を満たす程度といえ、自社内で決定する(      )品質、ばらつきを含む結果としての(      )品質、最終的に顧客が評価する(      )品質に分類される。

・ 品質を下げると(      )対応コストが上がり、上げようとすると(      )コスト+(       )コストが上がるため、適切なレベルがあると考えられる。それを合理的に設定する方法として品質工学の(       )関数が提案されており、品質不良による損失を考慮した最適な(       )値巾を設定する考え方を示している。

・ 品質は一気に改善されないため、デミングサイクルとも呼ばれる(     )(Plan)、(       )(Do)、(       )(Check)、(      )(Action)の(        )サイクルを回して徐々に改善活動を進める。

・ 品質の保証のために検査が活用され、工程ごとに対象、項目、判定基準などを明記した(          )図(QC工程図)を作成すると整理しやすい。

・品質クレームは顧客要望を把握する重要な機会であるので、おざなりな(       )対応だけで済ませず、(      )の分析や対策、(      )の防止などの(        )対応までしっかり実施して顧客満足度を向上させる。

・ 品質システムをマネジメントする国際規格はISO(       )であり、(   )つのマネジメント原則を基本として規定され、(シ              )な体制作りに有効である。 導入に当たっては、必要以上に複雑な(      )管理に陥らないように、(        )をベースにした規格化を実施し、重要問題を優先した(       )的な改善に心がける。

・ 品質管理、品質(     )、品質(     )の基本的ツールとして、以下のような(      )七つ道具がある。

1. (         )図:項目毎の度数と累積度数を併記し、(      )項目を判別する。

2. (       )グラム:(         )の姿を図表化し、(      )状態を判断する。

3. (       )図:二つの特性間の(       )関係を表す。

4. (       )要因図:特定の結果と(       )の関係を系統的に表す。

5. (       )シート:(      )や(       )のために専用に作られた用紙。

6. (       ):ヒストグラムや散布図で形が崩れている場合に、複数の(        )に分けて検討する。

7. (      )図: 工程が(        )な状態であるかを判別する。

製造業・エンジニア向け_ものづくりドットコムはこちら【技術者のキャリア設計】エンジニア・技術者・専門家・ものづくり・製造業・経営論・人材確保・キャリアアップ・キャリア形成・ものづくり.com
このような企業の方が会員登録しています【技術者のキャリア設計】エンジニア・技術者・専門家・ものづくり・製造業・経営論・人材確保・キャリアアップ・キャリア形成・ものづくり.com
製造業関係者の悩みを解決_ものづくりドットコム無料会員登録【技術者のキャリア設計】エンジニア・技術者・専門家・ものづくり・製造業・経営論・人材確保・キャリアアップ・キャリア形成・ものづくり.com
ご質問・お問い合わせはメールフォームをご利用ください【技術者のキャリア設計】エンジニア・技術者・専門家・ものづくり・製造業・経営論・人材確保・キャリアアップ・キャリア形成・ものづくり.com