・現代ビジネス学部の学生にとっては、ものづくり企業内で活躍する場合のほかに、
(       )先としてあるいは(      )先として、この産業を理解しておくことは
有意義である。

・ ものづくり(生産)とは低い(      )の経済財に手を加えて、高いものに変換する
行為、または活動である。

・ ものづくりプロセスのフローとは(      )の要求から始まって、製品としてそこに
戻す一連の手順である。

・ 第2次産業は国内GDPの(   )%を占めるに過ぎないが、重要な意味を持っている。
それは日本が(     )小国、(     )小国、(        )小国であるため、
(         )を輸出して(      )を取得する必要があるからである。

・ 近年のものづくりには、次のような傾向がある。
①技術レベルの(      )化、(      )化
②製品そのものよりもそれによって得られる価値を重視する(       )化
③製造と市場両面で進展する(        )化
④PLやリコール問題に現れる(       )重視、エコ意識の高まりなど(      )重視
⑤ハードウェアに頼らず柔軟に機能を拡張する(       )ウェア化
⑥IT技術の発展で可能となった(            )対応

・日本のものづくりは技術難度が(     )く、市場規模が(     )さい製品では
シェアが高いものがあるが、技術が一般化し市場規模が(     )きくなるとシェアが
低くなる傾向にある。その中で健闘している製品群は(          )や
(          )である。

・ 日本の製造業の実態に関する調査、考察は、(      )産業省、(      )労働省、
(      )科学省、が毎年まとめる製造基盤白書、別名(        )白書に詳しく
掲載されている。

・ 付加価値の高い工程は、生産から上流の(     ・           )・
(         )や下流の(             )へ移動している。

・ わが国の製造企業は学生に対して、「(      )」「(        )」や
「(          )力」といった内面的な(      )能力の不足を感じている。

製造業・エンジニア向け_ものづくりドットコムはこちら【技術者のキャリア設計】エンジニア・技術者・専門家・ものづくり・製造業・経営論・人材確保・キャリアアップ・キャリア形成・ものづくり.com
このような企業の方が会員登録しています【技術者のキャリア設計】エンジニア・技術者・専門家・ものづくり・製造業・経営論・人材確保・キャリアアップ・キャリア形成・ものづくり.com
製造業関係者の悩みを解決_ものづくりドットコム無料会員登録【技術者のキャリア設計】エンジニア・技術者・専門家・ものづくり・製造業・経営論・人材確保・キャリアアップ・キャリア形成・ものづくり.com
ご質問・お問い合わせはメールフォームをご利用ください【技術者のキャリア設計】エンジニア・技術者・専門家・ものづくり・製造業・経営論・人材確保・キャリアアップ・キャリア形成・ものづくり.com