・原価とは製品の生産、販売、サービスの提供のために消費される財貨、用役の(       )価値である。

・ 原価の分類には以下のようなものがある。
1. 発生形態別に(      )費、(      )費、その他経費
2. 製品との関連性によって(      )費と(      )費
3. 操業量との関連によって(      )費と(      )費、準固定費、準変動費
4. 原価管理のステップ別に(      )原価と(      )原価

・ 原価計算には次の4つの目的がある。
1. (      )諸表の作成:出資者、債権者、(      )者への情報提供
2. (          )策定:製品別数量計画の決定
3. (      )決定:(       )価格や販売価格設定に使用
4. 原価(      ):コストダウン(CD)活動の指標とする

・ 財務会計で使用される原価計算では、間接費が製品毎に配(    )される。間接費の比率が大きくなった現在、製品ミックスを計画する際には注意が必要である。

・ 原価の固定費に(     )費を足した金額が(      )高に一致する点を採算(      )点と呼び、計画売上高からこの時の売上高を引いて計画売上高で割った(      )率が大きいほど、赤字になりにくいと言える。

・ (      )は(      )基準原価計算とも呼ばれ、間接費を配賦することなく原価を発生させている(      )に振り分けて、製品の原価をより正しく把握しようとする方法である。 

・複数製品の中で、何をどれだけ作るべきかといった経済性分析にあたっては、全部原価から(      )費を除いた(      )原価で判断するが、(     )能力に余裕がある場合とない場合で判断基準が異なるので、注意を要する。

・ この考えをさらに進めたのが(       )プット会計であり、売り上げから純(      )費だけを引いた(       )プットと、そこから業務費用を引いて投資額で割った(     )(投資利益率)の最大化をゴールとしている。

・ その結果、(        )に集中したコスト管理が可能となり、合理的な判断が可能となる。(       )(制約条件理論)と言われる所以である。

・ 原価企画は、旧来には予定原価に(      )を加えて製品価格としていたが、現代では(       )価格から(      )利益を引いた原価を実現する考えになっている。そのためには(     /     )(価値分析/価値工学)を利用したり、(       )期間を短縮するなどが効果的である。

製造業・エンジニア向け_ものづくりドットコムはこちら【技術者のキャリア設計】エンジニア・技術者・専門家・ものづくり・製造業・経営論・人材確保・キャリアアップ・キャリア形成・ものづくり.com
このような企業の方が会員登録しています【技術者のキャリア設計】エンジニア・技術者・専門家・ものづくり・製造業・経営論・人材確保・キャリアアップ・キャリア形成・ものづくり.com
製造業関係者の悩みを解決_ものづくりドットコム無料会員登録【技術者のキャリア設計】エンジニア・技術者・専門家・ものづくり・製造業・経営論・人材確保・キャリアアップ・キャリア形成・ものづくり.com
ご質問・お問い合わせはメールフォームをご利用ください【技術者のキャリア設計】エンジニア・技術者・専門家・ものづくり・製造業・経営論・人材確保・キャリアアップ・キャリア形成・ものづくり.com