・SCMとは物またはサービスの(       )連鎖を(           )で結び、販売、需要などの(       )を組織間で(       )する事によって、経営業務の(          )および効率を高める経営コンセプトである。

・ 近年ではサプライチェーンに技術チェーンを交差した(     )(Product Lifecycle Management)の考えが広まってきている。

・SCMはロジスティクスの概念に近いが、後者は(     )組織による(         )の最適化を目標とするのに対し、前者は(     )を重視し、関連組織全体の最適化を目指す点で異なっている。

・ SCMが普及してきたのは、以下のような背景が考えられる
1. (      )取引の崩壊
2. (      )のミスマッチ
3. (          )経営
4. (     )技術の発展

・ サプライチェーンの戦略を考える際には、以下の5ポイントに注意する。
1. (       )タイム短縮、(          )重視
2. (      )削減
3. コア(             )の特定と強化
4. (       )視点
5. (        )ポイントの削減

・ ERPはSCMを具現化するための業務用(         )ソフトウェアで、受注から出荷までの基幹業務を(       )的に支援する。独(      )社のR/3が有名。

・ SCMにおいて、需要情報が担当者の思惑で過大/過小に増幅されて伝わる(           )現象により、生産が混乱することがある。

・ 別講義でも取り上げた(      )(制約条件理論)や(      )(トヨタ生産方式)は、SCMでも中核的なツールで、在庫削減、リードタイム短縮が期待できる。

・ (      )(3rd Party Logistics)は物流関連業務全体をアウトソースする戦術で、自社のコア(           )に注力すると同時に、スケールメリットも期待できる。

・ (     )(販売時点管理)や(      )(製造時点管理)は、IT技術を活用して情報のリアルタイムに集計するもので、在庫削減、リードタイム短縮が期待できる。 この時、製品識別のためにバーコード、(     )バーコード、(      )などが使用される。

・ SCMの成功例としてはBTO(Build to (       ))を有効に運用した米国(     )コンピューター社が有名である。

製造業・エンジニア向け_ものづくりドットコムはこちら【技術者のキャリア設計】エンジニア・技術者・専門家・ものづくり・製造業・経営論・人材確保・キャリアアップ・キャリア形成・ものづくり.com
このような企業の方が会員登録しています【技術者のキャリア設計】エンジニア・技術者・専門家・ものづくり・製造業・経営論・人材確保・キャリアアップ・キャリア形成・ものづくり.com
製造業関係者の悩みを解決_ものづくりドットコム無料会員登録【技術者のキャリア設計】エンジニア・技術者・専門家・ものづくり・製造業・経営論・人材確保・キャリアアップ・キャリア形成・ものづくり.com
ご質問・お問い合わせはメールフォームをご利用ください【技術者のキャリア設計】エンジニア・技術者・専門家・ものづくり・製造業・経営論・人材確保・キャリアアップ・キャリア形成・ものづくり.com