・ リスクとは顕在化すると好ましくない影響が発生する事象であり、発生時の被害(      )と発生(      )でその影響度の大きさを評価する。

・ リスクへの対策としては以下の4通りを使い分ける。
1. リスクの(      ):被害が小さい場合はそれを受け入れる。
2. リスクの(      ):設備改造、マニュアル作成、教育などで被害を減じる。
3. リスクの(      ):高いリスクの事業への参入を取りやめる。
4. リスクの(      ):被害規模が大きいが、発生確率が低場合、保険で対応する。

・ 労働安全衛生法は、職場における労働者の安全と(     )の確保や、快適な作業環境の形成推進のために制定され、危害防止(      )の確立や責任体制の明確化が求められるため、労働安全衛生(      )会が設置される事が多い。

・ 災害統計は、100万延実労働時間当たりの労働災害による死傷者数である(      )率や、1000延実労働時間当たりの災害のために失われた延労働損失日数である(      )率で評価され、10年前に比べて若干ながら( 悪化 ・ 改善 )傾向にある。

・ 労働災害は、不安全(      )と不安全(      )が重なった時に発生するため、朝礼やツールボックスミーティング(      )などで常時安全への意識を高める事が重要であり、日常作業の写真やイラストを見て潜んでいる危険を全員で出しあう(      )活動も有効である。

・ 重傷事故1件の前に軽傷事故30件、障害のない災害300件があるとする(           )の法則に基づき、(           )活動は身近なヒヤリを収集して、危険個所を改善したり、作業者の意識を向上させたりする。

・ 事故防止の機械設計としては、以下のような原則、技術がある。
1. (              ):故障時に安全側で停止する。
2. (              ):機械動作中は人が近寄れないようにする。
3. (              ):作業者がミスできないようにする。(ポカヨケ)

・ 事故の未然防止や原因解析に活用される安全工学には以下のような手法がある。
1. (       )(故障モード影響解析):構成要素の故障モードを想定し、上位アイテムへの影響度を解析して、対策優先度の設定に使用する。
2. (      )(故障の木解析):重大事象からツリー状に原因をさかのぼる。
3. (      )(イベントツリー解析):初期事象から時系列に想定する。
4. (        )エラー解析:THERP、MORT、J-HPESなどで人的エラーを解析。
5. システム(       )解析:接続の直列、並列、およびその組み合わせで評価。

製造業・エンジニア向け_ものづくりドットコムはこちら【技術者のキャリア設計】エンジニア・技術者・専門家・ものづくり・製造業・経営論・人材確保・キャリアアップ・キャリア形成・ものづくり.com
このような企業の方が会員登録しています【技術者のキャリア設計】エンジニア・技術者・専門家・ものづくり・製造業・経営論・人材確保・キャリアアップ・キャリア形成・ものづくり.com
製造業関係者の悩みを解決_ものづくりドットコム無料会員登録【技術者のキャリア設計】エンジニア・技術者・専門家・ものづくり・製造業・経営論・人材確保・キャリアアップ・キャリア形成・ものづくり.com
ご質問・お問い合わせはメールフォームをご利用ください【技術者のキャリア設計】エンジニア・技術者・専門家・ものづくり・製造業・経営論・人材確保・キャリアアップ・キャリア形成・ものづくり.com