・改善とは、経営システム全体又はその部分を見直し、能力その他の諸量の向上を図る活動であり、①(      )力の確保、②より(      )な生活の実現、③就業(      )の向上などが期待される。

・ 生産性とは投入量に対する産出量の比率であり、入力の違いにより(      )生産性、(      )生産性、原材料生産性、資本生産性などがある。

・ 日本の労働生産性は、米国などの上位国に劣っているが、(      )業は健闘している。(     )企業に比べて(   )企業の労働生産性が高いのは、資本設備率との相関が考えられる。

・ 生産性改善の定石のひとつECRSとは、(      )する、(      )する、(       )する、(       )する、の英単語の頭文字を取っている。

・ もうひとつの改善定石である3Sとは、(       )化、(       )化、(       )化の頭文字である。

・ 基礎科学、工学上の知識、解析方法を使って生産活動を合理化する(    )(Industrial Engineering)は、(       )研究と(       )測定に分類される。

・ 作業者の動作のムダを省き合理化する指針となる(動         )の原則は、手足の動きなどに関する(身       )の使用、工具や装置などに関わる(      場)の配置、設備・工具の(      )からなっている。

・ 品質指標の一つ(       )能力はCpと表わされ、規格幅を標準偏差の(    )倍で割って求める。

・ 品質改善の標準フローとも言えるQC(          )は、問題の設定から始まり、成果は(       )化、(       )防止を経由して、不断に継続する。

・ 品質改善の(    )集団活動である(     )サークルは、実効に加えて教育的な意義が見過ごせない。山梨では「QC(        )山梨地区」が組織化されている。

・ 全社的な製品品質改善活動として始まったTQCは、製造品質から(      )品質に重要度が移るに従い、(       )(Total Quality Management)へと変質した。

・ 米国Motolora社が日本のQC活動を手本に開発した経営、品質管理・課題解決活動/手順(       ) シグマは、米国流のトップ(       )思想、体系的教育、多様な統計手法活用などの特徴があり、プロジェクトリーダーは柔道にならって(         )ベルトと呼ばれる。

・プロジェクトはQCストーリーに似たD(   )A(  )Cの手順で実施し、金銭的、定量的に成果を評価する。

・ ’95年に米国マルコムボルドリッジ賞に倣って創立された日本(          )賞は、(   )つのカテゴリーからなるフレームワークに従い、(              )基準の要求に応える事で経営課題を発見し、改善活動に導く。

製造業・エンジニア向け_ものづくりドットコムはこちら【技術者のキャリア設計】エンジニア・技術者・専門家・ものづくり・製造業・経営論・人材確保・キャリアアップ・キャリア形成・ものづくり.com
このような企業の方が会員登録しています【技術者のキャリア設計】エンジニア・技術者・専門家・ものづくり・製造業・経営論・人材確保・キャリアアップ・キャリア形成・ものづくり.com
製造業関係者の悩みを解決_ものづくりドットコム無料会員登録【技術者のキャリア設計】エンジニア・技術者・専門家・ものづくり・製造業・経営論・人材確保・キャリアアップ・キャリア形成・ものづくり.com
ご質問・お問い合わせはメールフォームをご利用ください【技術者のキャリア設計】エンジニア・技術者・専門家・ものづくり・製造業・経営論・人材確保・キャリアアップ・キャリア形成・ものづくり.com