・ 現代ビジネス学部の学生にとって製品企画に関する知識は、ものづくり産業だけでなく
(          )産業でも役に立つ。

・ 製品企画業務への主な入力は(        )、(        )、(        )、
(        )であり、出力は(         )、(         )である。

・ 製品企画を考える際に、顧客要求を優先する(      )先行と、社内技術を優先する
(        )先行の2通りあるが、実際の手順は大きな違いがない。

・ 革新的な企画は小さな(           )の積み重ねで到達することが多く、社内外の
異質な人材との(            )が有効である。

・ 企画プロセスの一例として次のような(           )七つ道具がある。

①(                 )調査
(        )インタビューや(         )法などでユーザーの潜在的な要望を直接探索する。

②(                 )調査
ユーザーに(       )票を記入してもらい、要望を定量的に分析調査する。

③(                 )分析
2軸の因子に対する自社他社製品の(         )を判断し、市場要求に応える。

④アイデア(       )法
(         )発想法、(       )発想法、(           )発想法、
(       )発想法などを使い、数多くのアイデアを創出する。

⑤アイデア(       )法
多くのアイデアを(         )評価法、(         )評価法などで絞り込む。

⑥(              )分析
アイデアの組合せを評価し、顧客満足に対する各構成要素の(      )度を分析する。

⑦(          )表
VOCと呼ばれる顧客の(     )と製品の(      )をマトリクス形式にすることで、
関連を明確化するだけでなく、関係者間の(      )を統一したり、企画作成後の
(      )変化に対しても素早く対応することができる。

製造業・エンジニア向け_ものづくりドットコムはこちら【技術者のキャリア設計】エンジニア・技術者・専門家・ものづくり・製造業・経営論・人材確保・キャリアアップ・キャリア形成・ものづくり.com
このような企業の方が会員登録しています【技術者のキャリア設計】エンジニア・技術者・専門家・ものづくり・製造業・経営論・人材確保・キャリアアップ・キャリア形成・ものづくり.com
製造業関係者の悩みを解決_ものづくりドットコム無料会員登録【技術者のキャリア設計】エンジニア・技術者・専門家・ものづくり・製造業・経営論・人材確保・キャリアアップ・キャリア形成・ものづくり.com
ご質問・お問い合わせはメールフォームをご利用ください【技術者のキャリア設計】エンジニア・技術者・専門家・ものづくり・製造業・経営論・人材確保・キャリアアップ・キャリア形成・ものづくり.com