・ (   )世紀の研究は大学が担い手であったが、(   )世紀になりGE、デュポン、
コダックなどで企業内研究が始まり、競争力の源泉となった。

・ 研究業務への主な入力は(       )、(       )、(       )、
(       )であり、出力は(        )、(       )である。

・ 開発業務への主な入力は(         )、(       )、(        )であり、出力は(         )、(         )である。

・ 研究開発部門の組織形態としては(       組織)、(      組織)、
(      組織)、(             組織)などがある

・ 研究業務の難しさは不確実性の高いことであり、基礎研究から産業化までの障壁は(    )の川、(    )の谷、(         )の海などと呼ばれている。

・ これらの問題を解決するためにMOT(M       of T     )の重要性が注目されている。

・ 技術的なアイデア発想法としてロシアから提唱された(      )という手法がある。

①40の(       )原理
39の(         )から矛盾する二つを選ぶことで、40の(       )原理から
有望なものを優先的に検討することができる。

②エ(         )
問題解決のために有効な(      )情報の集合であり、「技術の逆引き事典」と呼ばれる。

③進化の(          )
技術の進化は特定の(         )に従って進化するので、それを例示する。

④物質-(       )分析/発明(       )解
対象物の(         )同士の関係にさまざまな(       )を考え発想する。

⑤SLP( Smart ・ L        ・ P        )
賢い(         )だったらどうするかをまず考え、それを技術に変換する。

・ アイデアをまとめるツールのひとつに(       )マップがあり、
フリーソフトである(       )マインドが有名である。

製造業・エンジニア向け_ものづくりドットコムはこちら【技術者のキャリア設計】エンジニア・技術者・専門家・ものづくり・製造業・経営論・人材確保・キャリアアップ・キャリア形成・ものづくり.com
このような企業の方が会員登録しています【技術者のキャリア設計】エンジニア・技術者・専門家・ものづくり・製造業・経営論・人材確保・キャリアアップ・キャリア形成・ものづくり.com
製造業関係者の悩みを解決_ものづくりドットコム無料会員登録【技術者のキャリア設計】エンジニア・技術者・専門家・ものづくり・製造業・経営論・人材確保・キャリアアップ・キャリア形成・ものづくり.com
ご質問・お問い合わせはメールフォームをご利用ください【技術者のキャリア設計】エンジニア・技術者・専門家・ものづくり・製造業・経営論・人材確保・キャリアアップ・キャリア形成・ものづくり.com