・ 設計業務では製品発売計画が決まっているために、研究/開発業務と異なり
基本的には(     )%計画を実現する必要がある。

・ 設計業務への入力は、(       )部門からの情報や(       )部門の成果であり、
出力は(       )部門、(         )部門、(         )部門などへの
情報(設計図面、製造仕様)提供である。

・ プロジェクトとは次の3つの条件を兼ね備えた活動である。
①(        )が決まっている
②特定の(           )がある
③人材、予算、設備などの(        )が限られている

・ プロジェクトを円滑に進めるノウハウを体系化したものとして、PMI協会が提唱している
(         )(アルファベット5文字)があり、国際標準的に使われている。

・ 設計業務のトラブルを押え、負荷を設計期間の前半に集めることを
(フ               )と呼び、部門間の(         )を良好にし、
(コ          )エンジニアリングで複数部門業務を並列的に進める事が有効である。

・ 机上での設計が、製造ラインや使用環境で再現しない例は多い。これを防止するための
設計方法が(      )工学の一手法で、(パ            )設計と呼ばれる。
わざと(       )要因を盛り込んで実験し、特性とその安定性を、標準化した
要因効果図で評価するので、技術情報を共有しやすい。

・ 品質工学でも使用されるが、多くの因子を少ない組合せで評価する実験計画法のツールが
(      )表であり、L4からL8、L18など多くの種類がある。 

・組合せ数の統計的な削減効果があるため、カーナビゲーションなどの複雑な
(           )テストの合理化にも使われる。

・ これらの手法を使用しても、実験に有効な(      )が取り込まれていなければ、
高い性能、機能は実現しない。多くの関係者の知識と経験を結集して取り組む事が重要である。

・ 設計プロセス途中の節々で関係者が集合し、設計の出来栄えを多角的に評価する事を
DR(デ              )と呼び、量産までに複数回開催される。

製造業・エンジニア向け_ものづくりドットコムはこちら【技術者のキャリア設計】エンジニア・技術者・専門家・ものづくり・製造業・経営論・人材確保・キャリアアップ・キャリア形成・ものづくり.com
このような企業の方が会員登録しています【技術者のキャリア設計】エンジニア・技術者・専門家・ものづくり・製造業・経営論・人材確保・キャリアアップ・キャリア形成・ものづくり.com
製造業関係者の悩みを解決_ものづくりドットコム無料会員登録【技術者のキャリア設計】エンジニア・技術者・専門家・ものづくり・製造業・経営論・人材確保・キャリアアップ・キャリア形成・ものづくり.com
ご質問・お問い合わせはメールフォームをご利用ください【技術者のキャリア設計】エンジニア・技術者・専門家・ものづくり・製造業・経営論・人材確保・キャリアアップ・キャリア形成・ものづくり.com