本日の講義のレジュメです。

・ 日本的製造管理の特徴は組織特性として(     )中心型、(     )中心型、生産特性では高い(     )と低い(      )、制度面では(     )参加、集団責任権限、技(   )者・技(   )者の協業、企業内での技能(     )、(   )集団活動などにある。

・ 製造管理を大きく分けると生産(      )と生産(      )になる。

・生産計画は大日程→中日程→小日程と(      )的に計画される。

・ 生産統制は計画通りに実施する活動で作業(      )、作業(      )、(       )処理に分けられる。

・ 作業指示を分かりやすくするためのツールとして(      )板、(        )管理板や作業(      )板などがある。

・ 現品管理の基本といわれる5Sとは(       )、(       )、(       )、(       )、(       )のことを言う。

・ 日程計画には、職場単位に計画する(ジ            )スケジューリングと、個別に計画する(プ             )スケジューリングがある。

・ ジョブショップスケジューリングには、事前に開始終了を設定する(         )手法と、一つの作業が終了するごとに次の作業を決定する(              )手法がある。

・ プロジェクトスケジューリングの代表は(       )(Program Evaluation & Review Technique)で、丸と線で各作業の先行関係と所要時間を示す。

・ ゴールドラット博士が提案している(      )(制約条件理論)は以下の4つがある。

1. (       )(Drum-Buffer-Rope):生産プロセスの中で時間当たりスループットが最も小さい(ボ           )にすべてを従属させて管理する事で、在庫を減らしつつ生産性を向上する。

2. スループット会計:(原価管理の時に説明します)

3. (       )プロセス:絡み合った現状を解きほぐして解決策を導出する方法で、(           )図は対立の構造を本来の目的に立ちかえって解消する。

4. (         )(Critical Chain Project Management):クリティカルチェーンと呼ばれる重要タスクに注目し、最後に一括して設置した(バ        )の減り具合だけでプロジェクトを管理することで、問題の早期発見、リードタイムの短縮、管理の容易化を達成する。

製造業・エンジニア向け_ものづくりドットコムはこちら【技術者のキャリア設計】エンジニア・技術者・専門家・ものづくり・製造業・経営論・人材確保・キャリアアップ・キャリア形成・ものづくり.com
このような企業の方が会員登録しています【技術者のキャリア設計】エンジニア・技術者・専門家・ものづくり・製造業・経営論・人材確保・キャリアアップ・キャリア形成・ものづくり.com
製造業関係者の悩みを解決_ものづくりドットコム無料会員登録【技術者のキャリア設計】エンジニア・技術者・専門家・ものづくり・製造業・経営論・人材確保・キャリアアップ・キャリア形成・ものづくり.com
ご質問・お問い合わせはメールフォームをご利用ください【技術者のキャリア設計】エンジニア・技術者・専門家・ものづくり・製造業・経営論・人材確保・キャリアアップ・キャリア形成・ものづくり.com