・ 購買の定義は「生産または営業に必要な(      )、(        )、(      )、(        )などを購入する活動」である。

・購買の組織には(      )型と(      )型があり、前者には(       )メリットと(      )融通ができる長所があり、後者には(       )性と(         )な対応が可能で事業部の(        )意識を高める長所がある。

・調達先の企業を決定する際には、(      )的能力、(      )的能力、(      )的能力、(      )的能力、(      )関係を総合的に評価する。

・発注・在庫管理の効率化を進めるために、発注金額に応じた(       )分析を実施し、Aグループは(      )発注方式や(       )、Cグループは(      )法、(           )法などの簡易管理方式を採用し、Bグループはその中間とする。

・購買方式には(     )/(     )競争入札、(      )合わせ、(     )契約がある。

・MRPとは(        )計画のことで、製品の生産計画に合わせて、調達日程と量を設定する。その計算の基になるのが、(      )と呼ばれる部品構成表である。

・定量発注方式の在庫曲線はのこぎり状になる。需要量が変動しても在庫がなくならない(       )在庫IsはIs=α×σ×√Lで表わせる。(α:安全係数、σ:需要ばらつき、L:調達リードタイム) 

・ 購入品の納期管理手法として、専用の箱を用意して確認忘れを防止する(         )システムがある。

・近年在庫管理を簡素化し、納入業者がタイムリーに供給する(      )が注目されているが、納入業者への十分な(         )供給と責任ある対応が必要である。

・製品価値とコストを徹底して分析して、その比率を向上する手段が(    /    )であり、既存製品の再設計に適用する(         )ルックVEから、新製品開発時に適用する(         )ルックVE、さらに製品企画段階から適用する(         )ルックVEへと範囲が拡大、移行してきている。

・VEは単なる安い部品への変更ではなく、(       )の視点に立った機能を異なった構造で達成するアイデアを発想する事が重要で、機能の定義を(    -    )「○○を△△する)と表現するところから始める。

・VEで様々な観点から新アイデアを創出する時に、GEのチェックリストが参考となる。
  1.そのものの使用によって(       )が高められるか
  2.その品物の(       )と用途が釣り合っているか
  6.もっと有用な(        )あるいは部外供給者の(      )が発見されないか

製造業・エンジニア向け_ものづくりドットコムはこちら【技術者のキャリア設計】エンジニア・技術者・専門家・ものづくり・製造業・経営論・人材確保・キャリアアップ・キャリア形成・ものづくり.com
このような企業の方が会員登録しています【技術者のキャリア設計】エンジニア・技術者・専門家・ものづくり・製造業・経営論・人材確保・キャリアアップ・キャリア形成・ものづくり.com
製造業関係者の悩みを解決_ものづくりドットコム無料会員登録【技術者のキャリア設計】エンジニア・技術者・専門家・ものづくり・製造業・経営論・人材確保・キャリアアップ・キャリア形成・ものづくり.com
ご質問・お問い合わせはメールフォームをご利用ください【技術者のキャリア設計】エンジニア・技術者・専門家・ものづくり・製造業・経営論・人材確保・キャリアアップ・キャリア形成・ものづくり.com