・  自動化の形態には(    )加工機、(        )センター、ロボット、AGV、FMC、(     )、(          )マシン、CIM、CALSといった段階がある。

・ 自動化の効用には(          )性向上、(      )低減、(      )向上、納期短縮、フレキシビリティ、作業(      )改善、熟練解体といった効用がある半面、労働(       )、雇用への影響、ものづくり(        )の流出といった負の側面も忘れてはならない。

・ 設備マネジメントの段階には、①設備(      )、②設備設計、③設備製作、④設備(      )、⑤設備(      )、⑥設備(      )と再利用の6ステップがある。

・ 設備保全は大きく次の5種類に分けられる。
 1. (      )保全:故障した後で修理するもので、計画的であれば良いが、非計画的な故障はラインを混乱させる。それでも緊急な保全は発生する。
 2. (      )保全:故障する前に日常的、定期的に点検、交換を実施する。
 3. 改良保全:故障が発生しにくくなるように、装置を(      )する。
 4. 保全予防:故障情報を収集して、故障しにくい装置を新規設計する。
 5. TPM:保全担当者のみでなく、(      )で設備効率を向上する。

・設備信頼性の指標で大事なのは、平均故障間隔とも呼ばれる(M      )とアベイラビリティとも呼ばれる(      )率で、故障が減るといずれも大きくなる。

・故障率曲線は、その形状から(バ      )曲線とも呼ばれ、設計ミスや未熟な作業で高率な(      )故障期、低く安定する偶発故障期、老朽化で次第に上昇する(      )故障期からなる。

・設備や製品の信頼度を向上するツールを集めた「(        )7つ道具」の主要技法として、以下のようなものがある。
 1. (      )(故障モード影響解析):構成要素の故障モードを想定し、上位アイテムへの影響度を解析し、重要項目には事前に対策を講じる。
 2. (     )(故障の木解析):故障原因をツリー状にさかのぼり根本原因を解析。
 3. (        )解析:少数サンプルの故障から量産品の故障率を推測する。
 4. DR((        )レビュー): 設計の節々で全関係部門が到達状況を確認。

製造業・エンジニア向け_ものづくりドットコムはこちら【技術者のキャリア設計】エンジニア・技術者・専門家・ものづくり・製造業・経営論・人材確保・キャリアアップ・キャリア形成・ものづくり.com
このような企業の方が会員登録しています【技術者のキャリア設計】エンジニア・技術者・専門家・ものづくり・製造業・経営論・人材確保・キャリアアップ・キャリア形成・ものづくり.com
製造業関係者の悩みを解決_ものづくりドットコム無料会員登録【技術者のキャリア設計】エンジニア・技術者・専門家・ものづくり・製造業・経営論・人材確保・キャリアアップ・キャリア形成・ものづくり.com
ご質問・お問い合わせはメールフォームをご利用ください【技術者のキャリア設計】エンジニア・技術者・専門家・ものづくり・製造業・経営論・人材確保・キャリアアップ・キャリア形成・ものづくり.com