2013年度版ものづくり白書の第1章第2節2(3)では、
技術系人材が不足する現状を解説しています。

ものづくり産業が成長しているという論調は少ないわけですが、
図122-9を見ると、技術系人材を十分確保できているのは6.7%で、
約半数の企業が、必要な技術者を確保できていないと考えています。

●図122-9 技術系人材の確保状況
技術系人材の確保状況【技術者のキャリア設計】エンジニア・技術者・専門家・ものづくり・製造業・経営論・人材確保・キャリアアップ・キャリア形成・ものづくり.com

回答数は3823と相当なものですが、
訊ねる部署によって回答は大きく変わるように思います。

少しでも完成度を上げたい技術担当の部課長に聞けば、
いくらでも欲しいところでしょうし、
技術者をコストと考える経理部門、経営者であれば
あれだけいるのだから(人件費がかかっているから)
十分だろうと判断しそうです。

具体的な業務にもよりますが、
効率的なツールとプロセスを用意することで
少ない技術者と大きな成果を両立させたいものです。

近年の傾向としては、QFD、TRIZ、タグチメソッド+3DCAEが
その最右翼とされています。
http://www.monodukuri.com/jirei/article/8

また、不足している技術者の分野としては、
図122-21のように圧倒的に機械工学が多いようです。

●図122-21 人材確保しにくい技術分野
人材確保しにくい技術分野【技術者のキャリア設計】エンジニア・技術者・専門家・ものづくり・製造業・経営論・人材確保・キャリアアップ・キャリア形成・ものづくり.com

ソフトウェア(情報工学)が多いと予想していましたが、
機械の15分の1とはどんなもんでしょう?
回答した1666社の業種に偏りがあるかもしれません。

私の大学時代の応用物理や
技術士の専門である経営工学は、名前すら現れず
ムムム…

製造業・エンジニア向け_ものづくりドットコムはこちら【技術者のキャリア設計】エンジニア・技術者・専門家・ものづくり・製造業・経営論・人材確保・キャリアアップ・キャリア形成・ものづくり.com
このような企業の方が会員登録しています【技術者のキャリア設計】エンジニア・技術者・専門家・ものづくり・製造業・経営論・人材確保・キャリアアップ・キャリア形成・ものづくり.com
製造業関係者の悩みを解決_ものづくりドットコム無料会員登録【技術者のキャリア設計】エンジニア・技術者・専門家・ものづくり・製造業・経営論・人材確保・キャリアアップ・キャリア形成・ものづくり.com
ご質問・お問い合わせはメールフォームをご利用ください【技術者のキャリア設計】エンジニア・技術者・専門家・ものづくり・製造業・経営論・人材確保・キャリアアップ・キャリア形成・ものづくり.com