多様な技法対の中で、最も種類が豊富なものがこのアイデア発想法で、主なものだけで100種類を超えます。
それだけ世の中で需要があると言えるでしょう。
本来は対象とするテーマに合わせて使い分けるところでしょうが、全てを知っている訳ではないため、慣れた方法を使う例が多いようです。
このシリーズ「商品企画 7つ道具」では、アナロジー発想法・焦点発想法・チェックリスト発想法・シーズ発想法の4つを使います。
私も焦点発想法を時々使いますが、毎回多くのアイデアが生まれ、お勧めのひとつです。

http://www.monodukuri.com/gihou/article_list/10

製造業関係者の悩みを解決_ものづくりドットコム無料会員登録【技術者のキャリア設計】エンジニア・技術者・専門家・ものづくり・製造業・経営論・人材確保・キャリアアップ・キャリア形成・ものづくり.com
ご質問・お問い合わせはメールフォームをご利用ください【技術者のキャリア設計】エンジニア・技術者・専門家・ものづくり・製造業・経営論・人材確保・キャリアアップ・キャリア形成・ものづくり.com