ここまでのステップだった各種調査とアイデア発想法で、
多様な仕様案が生まれているはずです。

仕様項目が多い場合に全ての案の組合せを評価しようとすると、
例えば数千通りにもなってしまいます。

組合せの合理的な削減と言えば直交表です。
色、サイズ、機能などの仕様項目毎に
(黒/赤)(大/小)(有/無)などの水準を設定して、
直交表で生成した組合せ毎に対象顧客に評価してもらって分析することで、
最適な組み合わせを判断します。

http://www.monodukuri.com/gihou/article_list/12

製造業・エンジニア向け_ものづくりドットコムはこちら【技術者のキャリア設計】エンジニア・技術者・専門家・ものづくり・製造業・経営論・人材確保・キャリアアップ・キャリア形成・ものづくり.com
このような企業の方が会員登録しています【技術者のキャリア設計】エンジニア・技術者・専門家・ものづくり・製造業・経営論・人材確保・キャリアアップ・キャリア形成・ものづくり.com
製造業関係者の悩みを解決_ものづくりドットコム無料会員登録【技術者のキャリア設計】エンジニア・技術者・専門家・ものづくり・製造業・経営論・人材確保・キャリアアップ・キャリア形成・ものづくり.com
ご質問・お問い合わせはメールフォームをご利用ください【技術者のキャリア設計】エンジニア・技術者・専門家・ものづくり・製造業・経営論・人材確保・キャリアアップ・キャリア形成・ものづくり.com