技術者は近年人材不足で四六時中忙しいはずですが、そうはいってもポッと暇になることがあります。私も30年の企業勤務時代に、何度かそんなことがありました。

一度目は、所属していたグループ会社の業績が思わしくなく、数名が本社の所属に切り替えられた時です。事業部門は付加価値を高めない頭数が増えると一時的に事業利益が下がるため、これを歓迎しません。そこで全社のコストセンターである総合研究所に籍を移し、研究所内の成果を事業化する任務が課せられました。事業化が実現すれば嬉しいが、実現しなくても大きな問題はないという雰囲気で、しかも本社の屋台骨を背負う事業というよりは、我々数名が食っていける規模で良いという説明でしたから、気が楽とも言えますが人によってはあまりやる気が出ないかもしれません。

しかしこの時の私は、折角の機会ですから研究所内をくまなくヒアリングし、事業化つまり売り物になるネタを探し回りました。本来企業内研究所の所員は将来的な製品化を念頭に自分の研究テーマを進めていくはずですが、販売の現場から離れていることでその意識が希薄になっていました。私は調べた中で最も有望と思われるテーマを中心に報告書を作成しました。

結果的に有望とされたテーマの担当責任者は、迷惑そうにその提案を拒絶しました。事業化に近づくことで自分のやりたい研究ができなくなるのが嫌だったようです。この研究者とはその後も何度か意見の対立がありました。

結局私は数名のメンバーと共に別テーマで大学との共同研究に移りましたが、どうも研究所の雰囲気に馴染めず、事業部の幹部から引っ張ってもらってとある製品の試作部門に移動し、部門の管理と並行して試作実験に品質工学を適用することになっていきます。

ここで超絶忙しいわけではなかったことで、毎日仕事が終わってから技術士の受験勉強をすることとなり、現在の技術士、MOT、博士の三冠につながっていきます。

あまり忙しくない業務についたことで自分の能力に自信を失う人もいるようですが、ネガティブに考えず、その時間を積極的に利用するくらいの気持ちを持ったほうが良い結果を得られるでしょう。

https://business.nikkei.com/atcl/seminar/19/00136/00055/?P=1