山梨学院大学のものづくり経営論Aの講義は、明日で最終回。

過去三年は全体のまとめと産業構造ビジョン2012を解説していましたが、
さすがに古くなったので、今回は経済社会ビジョン2012に作り直しました。

またまた303ページにわたる大作なので、
講義資料に変換するのも大変。
半日かかりました。

産業構造ビジョンと同じく、
111ページ以降の第2部施策編は、
現行の施策貢認形式なのでばさっとカットして
前半の分析部分のみ利用しました。

全般的にさして目新しい分析がない中で、
目がテンになったのはP25の下の図です。

●財政危機発生の影響
財政危機が発生したらこうなる_過剰な円安・長期金利上昇・国債下落【技術者のキャリア設計】エンジニア・技術者・専門家・ものづくり・製造業・経営論・人材確保・キャリアアップ・キャリア形成・ものづくり.com

あと数年で国・地方の債務残高が家計資産を抜くという説明の後、
最悪の場合として、
財政危機が発生したらこうなるという想定図です。

一般人が言う分にはまあありですが、
経産省の報告書の中でここまで具体的かつ悲観的に
書いちゃっていいんでしょうか?

将来こうなった時に、
当省はもとからそう言っておりました、と
言い逃れするために紛れ込ませたのでしょうか?

ちなみに私個人は
2,3年でこの状態になると予想しています。

製造業・エンジニア向け_ものづくりドットコムはこちら【技術者のキャリア設計】エンジニア・技術者・専門家・ものづくり・製造業・経営論・人材確保・キャリアアップ・キャリア形成・ものづくり.com
このような企業の方が会員登録しています【技術者のキャリア設計】エンジニア・技術者・専門家・ものづくり・製造業・経営論・人材確保・キャリアアップ・キャリア形成・ものづくり.com
製造業関係者の悩みを解決_ものづくりドットコム無料会員登録【技術者のキャリア設計】エンジニア・技術者・専門家・ものづくり・製造業・経営論・人材確保・キャリアアップ・キャリア形成・ものづくり.com
ご質問・お問い合わせはメールフォームをご利用ください【技術者のキャリア設計】エンジニア・技術者・専門家・ものづくり・製造業・経営論・人材確保・キャリアアップ・キャリア形成・ものづくり.com