技術者のキャリアデザインをブログテーマに選んだ訳

2019年11月1日エンジニアのキャリアデザイン

元々ものづくりドットコムとの連携で、製造業の課題解決をテーマにブログを書いていたのですが、アメブロからWordPressへの移行に手間取り、5年ぶりに今再開したわけですが、テーマを若干変えて「技術者(エンジニア)のキャリアデザイン」としました。

理由は大きく三つあります。第一に私も63歳となり、自分がどう成長するかというステージから、これまでの自分の歩みを後進に伝えるステージに差し掛かったと判断したこと。

第二に50歳前後から10年かけて、技術士(経営工学部門、総合技術監理部門)、技術経営修士(専門職)、博士(工学)と、技術系の三大国家資格を取得し、キャリアデザインの大きな要素である資格に対して、比較しつつ説明できること。

第三は、ものづくりドットコムのセミナー案内機能が好評で、周辺オペレーションを見ているうちに、技術者の教育が極めて重要でありながら、確固とした体系がなく、どうやら各社各様に教育カリキュラムを工夫しているものの、成果を出すのに非常に苦労している様子が分かってきたことです。

私は製造企業に30年勤務して、多少は技術者教育にも関係しましたが、決してその道一筋に歩んだわけではありませんが、上記三つの理由からとりあえず技術者キャリアに関して、多少の発言が許されるだろうと思います。

そして調べてみると、技術者の歩むべき進路に関して、数冊の書籍はあるものの、その重要性と比較して異様に発信が少ないということも分かりました。

是非技術者の皆さんからの意見を反映させて、書き進めたいと思いますので、是非気軽に声を寄せてください。

AICOS2013 オープンセミナー 今回のテーマはパーソナルファブリケーションでした

2013年5月9日製造業ニュース

昨日開催されたAICOS2013(アキバイノベーションカレッジオープンセミナー)は
「パーソナルファブリケーション~次世代ものづくりイノベーションの実践をアキバで考える」の
仮題が変わった「ウェブ社会からファブ社会へ」を聞いて参りました。
講師は慶應義塾大学環境情報学部准教授かつ
第9回世界ファブラボ会議実行委員長の田中浩也先生です。
http://xd.sfc.keio.ac.jp/people/laboratory/tanaka-lab/
小三のころからゲームソフトを作り始めた神童の軌跡から始まり、
PCからファブラボに至る自叙伝的ストーリーに絡めて、
3Dプリンターを含むデジタルファブリケーションの実情を報告してもらいました。
印象として、田中先生も話していましたが、
現状の3Dプリンターは、PCの歴史で言えば、
誰でもプログラミングができる「画期的な」「マイコン」として
TK-80が売り出された30年前の状況に似ています。
人によっては「高価なおもちゃ」レベルの評価しか受けていない3Dプリンタですが、
現在が完成形では全くなく、むしろ正におもちゃとして
好奇心旺盛なイノベーターたちが寄ってたかって遊び回すうちに、
何やら機能や使い勝手、応用範囲がどんどん改善、拡大され、
気づいたら(PCのように)産業の中心に来ていた、という可能性は
十分に備えているように聞こえました。
イノベーター(あるいはインキュベーター)以外は、
飛びつくと怪我をするリスクがあるものの、
それをコントロールしてスティーブジョブスになる人が現れるのかもしれません。
 — 田中先生はそれを目指すと公言していました。
ものづくり革新ナビは、AICOS、田中先生に敬意を表して、
早速革新技法リストに3Dプリンタを追加し、現在この分野の登録専門家を募集中です。
http://www.monodukuri.com/gihou/article_list/134

製造業・エンジニア向け_ものづくりドットコムはこちら【技術者のキャリア設計】エンジニア・技術者・専門家・ものづくり・製造業・経営論・人材確保・キャリアアップ・キャリア形成・ものづくり.com
このような企業の方が会員登録しています【技術者のキャリア設計】エンジニア・技術者・専門家・ものづくり・製造業・経営論・人材確保・キャリアアップ・キャリア形成・ものづくり.com
製造業関係者の悩みを解決_ものづくりドットコム無料会員登録【技術者のキャリア設計】エンジニア・技術者・専門家・ものづくり・製造業・経営論・人材確保・キャリアアップ・キャリア形成・ものづくり.com
ご質問・お問い合わせはメールフォームをご利用ください【技術者のキャリア設計】エンジニア・技術者・専門家・ものづくり・製造業・経営論・人材確保・キャリアアップ・キャリア形成・ものづくり.com

AICOS 次世代ものづくりイノベーション講演会に参加

2013年5月9日ものづくり革新

5月8日に秋葉原で開催されたセミナーは、
慶応大学の田中浩也准教授による
「パーソナルファブリケーション」の現状についてでした。

三次元スキャナーや三次元プリンターの進展によって、
誰もが製品を創造できる時代になってきました。

現状の3DプリンターをPCの歴史で言えば、
「画期的な」マイコンとしてTK-80が売り出された30年前の状況に似ています。
人によっては「高価なおもちゃ」という評価しか受けていない3Dプリンタですが、

現在が完成形では全くなく、むしろ正におもちゃとして
好奇心旺盛なイノベーターたちが寄ってたかって遊び回すうちに、
機能や使い勝手、応用範囲がどんどん改善、拡大され、気づいたら産業の中心に来ていた、
というポテンシャルを十分に備えているように感じました。

ものづくり革新ナビは、AICOS、田中先生に敬意を表して、
早速革新技法リストに3Dプリンタを追加しました。

製造業・エンジニア向け_ものづくりドットコムはこちら【技術者のキャリア設計】エンジニア・技術者・専門家・ものづくり・製造業・経営論・人材確保・キャリアアップ・キャリア形成・ものづくり.com
このような企業の方が会員登録しています【技術者のキャリア設計】エンジニア・技術者・専門家・ものづくり・製造業・経営論・人材確保・キャリアアップ・キャリア形成・ものづくり.com
製造業関係者の悩みを解決_ものづくりドットコム無料会員登録【技術者のキャリア設計】エンジニア・技術者・専門家・ものづくり・製造業・経営論・人材確保・キャリアアップ・キャリア形成・ものづくり.com
ご質問・お問い合わせはメールフォームをご利用ください【技術者のキャリア設計】エンジニア・技術者・専門家・ものづくり・製造業・経営論・人材確保・キャリアアップ・キャリア形成・ものづくり.com