デジタル化とコモディティ化(2013年度版 第1章第3節1(2,3))

2013年8月22日ものづくり白書を読み解く

2013年度版ものづくり白書第1章第3節1(2,3)では
デジタル化に伴う製品のコモディティ化が解説されています。

もう言い尽くされていますが、
技術がデジタル化すると製造の難度が下がり
低い労務費の新興国でも製造販売が可能となります。

そこで付加価値の高い、設計や意匠、ユーザビリティを先進国が担当し、
労務費の安い地域で大量に生産して
徹底的にコストを下げるという水平分業が広がりました。

他国で実現できない垂直統合型で一世を風靡した日本の家電メーカーは
ことごとくシェアを奪われる近年の状況です。

ここからは私の意見ですが、
何も日本が水平分業をやっていけない規則はありません。
ただ過去の成功体験のしがらみと
大きな組織の共通意識を急激に変えることが
難しいという事ではないでしょうか。

産業構造はここまで解析されているわけですから、
発想が少しずつ変わっていくと期待します。

その点で、組織が小さくフラットな企業ほど転換がし易いはずです。
新規技術は多様な技術屋が垂直統合して短期間で立ち上げ、
デジタル化で標準になった後は自社の利益を最大化する役割に徹する。
そんな企業が出てくるのではないでしょうか。

海外の文化を柔軟に取り込んで、
自国なりに消化(昇華)するのが得意な日本です。

製造業・エンジニア向け_ものづくりドットコムはこちら【技術者のキャリア設計】エンジニア・技術者・専門家・ものづくり・製造業・経営論・人材確保・キャリアアップ・キャリア形成・ものづくり.com

製造業関係者の悩みを解決_ものづくりドットコム無料会員登録【技術者のキャリア設計】エンジニア・技術者・専門家・ものづくり・製造業・経営論・人材確保・キャリアアップ・キャリア形成・ものづくり.com
ご質問・お問い合わせはメールフォームをご利用ください【技術者のキャリア設計】エンジニア・技術者・専門家・ものづくり・製造業・経営論・人材確保・キャリアアップ・キャリア形成・ものづくり.com

ものづくり産業の競争力基盤を動揺させたデジタル化・モジュール化

2013年6月6日ものづくり白書を読み解く

ものづくり白書第2章第1節3では、
製品のデジタル化とモジュール化の現状を分析しています。

図213-1はLSI1個に集積されたトランジスターの数を示します。

●図213-1 集積回路のトランジスター数
集積回路のトランジスター数【技術者のキャリア設計】エンジニア・技術者・専門家・ものづくり・製造業・経営論・人材確保・キャリアアップ・キャリア形成・ものづくり.com

横軸は実時間、縦軸は素子数の対数目盛ですから
40年にわたり、指数関数的に集積度が上がっていることが分かります。

これによってLSIの性能は年々急速に向上し、
多くの機能がLSIだけで実現するようになりました。

一般的に単一民族である日本は、
国民性からいっても意見や技術をすり合わせて
製品を作るところで長所が発揮でき、
モジュールの組み合わせだけで完成する製品では
競争優位性を打ち出しにくいといわれます。

さらに上図の集積度がCPU性能にも適用され、
多くの機能がCPU能力とソフトウェアで実現されるようになってきました。

ソフトウェアもそれ自体をコピーするだけで
ばらつきなく完全に再生産が可能ですから
モジュラー技術的性格があります。

●図213-2 各種製品・システムにおけるソフトウェア規模の拡大
各種製品・システムにおけるソフトウェア規模の拡大【技術者のキャリア設計】エンジニア・技術者・専門家・ものづくり・製造業・経営論・人材確保・キャリアアップ・キャリア形成・ものづくり.com

図213-2は、製品種ごとのソフトウェア規模の推移を示し、
ここ10年の間に3倍から10倍に大きくなっていることがわかります。

これとは別に3D-CADなどのデジタルプロセス設計ツールも
図213-4のように、中韓に大きく差をつけていた90年代に比べると
普及率がかなり追いついてきており、
NC加工機などの製造機械普及とともに
ものづくりの差別化が難しい環境になっています。

製造業・エンジニア向け_ものづくりドットコムはこちら【技術者のキャリア設計】エンジニア・技術者・専門家・ものづくり・製造業・経営論・人材確保・キャリアアップ・キャリア形成・ものづくり.com
このような企業の方が会員登録しています【技術者のキャリア設計】エンジニア・技術者・専門家・ものづくり・製造業・経営論・人材確保・キャリアアップ・キャリア形成・ものづくり.com
製造業関係者の悩みを解決_ものづくりドットコム無料会員登録【技術者のキャリア設計】エンジニア・技術者・専門家・ものづくり・製造業・経営論・人材確保・キャリアアップ・キャリア形成・ものづくり.com
ご質問・お問い合わせはメールフォームをご利用ください【技術者のキャリア設計】エンジニア・技術者・専門家・ものづくり・製造業・経営論・人材確保・キャリアアップ・キャリア形成・ものづくり.com

機械との競争

2013年5月10日製造業ニュース

日経ビジネスオンラインにMITのE.
ブリニョルフソン教授へのインタビュー記事が掲載されています。
http://business.nikkeibp.co.jp/article/interview/20130416/246769/?leaf_bn
おおよそ、私も折に触れて話している内容で、以下のようにまとめられます。
(1)生産性が上がると失業者が増える
(2)近年はデジタル技術による変化なので、指数関数的に進む
(3)教育や企業制度が変化に追いついていない
(4)生産性向上に抗えば競争に負ける
(5)製造業に限らずあらゆる産業で起こっている
(6)失業者の受け皿は新規産業であり、起業家が求められている

これに付加するならば、失業者が増えたりや高給な仕事への従事者が減少することで、
平均所得は下がりますが、生産性の向上で製品やサービスの相対価格が下がるために、
同じレベルの生活を続けるのに必要な費用は下がります。
過去の自分と比べるならば、所得が下がっても生活レベルは下がらないのです。
しかし人は過去の自分だけでなく、現在の周囲の人たちと比較します。
5年前の自分が持っていなかった、ユビキタスな情報環境も、
周囲の人に劣っていると満足度は高まらないかもしれないのです。

結局は、社会の平均レベル以上の学習と労働意欲を持ち続けないことには、
労働であれ、個人生活であれ、ブリニョルフソン教授が言うように
進歩から取り残されてしまう事でしょう。

製造業・エンジニア向け_ものづくりドットコムはこちら【技術者のキャリア設計】エンジニア・技術者・専門家・ものづくり・製造業・経営論・人材確保・キャリアアップ・キャリア形成・ものづくり.com
このような企業の方が会員登録しています【技術者のキャリア設計】エンジニア・技術者・専門家・ものづくり・製造業・経営論・人材確保・キャリアアップ・キャリア形成・ものづくり.com
製造業関係者の悩みを解決_ものづくりドットコム無料会員登録【技術者のキャリア設計】エンジニア・技術者・専門家・ものづくり・製造業・経営論・人材確保・キャリアアップ・キャリア形成・ものづくり.com
ご質問・お問い合わせはメールフォームをご利用ください【技術者のキャリア設計】エンジニア・技術者・専門家・ものづくり・製造業・経営論・人材確保・キャリアアップ・キャリア形成・ものづくり.com